• トップ
  • ぶなしめじができるまで

ぶなしめじができるまで

  • ①攪拌

    24_ext_01_0.jpg

    オガ粉、水、フスマなどを混ぜ合わせ、しめじを栽培するための培地を作ります。

  • ②ビン詰め

    25_ext_01_0.jpg

    攪拌した培地をビンに詰めます。

  • ③殺菌・放冷

    26_ext_01_0.jpg

    雑菌を無くす為に培地を殺菌し、その後クリーンルームに移して放冷し、常温に戻します。

  • ④接種

    27_ext_01_0.jpg

    培地の上にぶなしめじ菌を植えます。

  • ⑤培養

    28_ext_01_0.jpg

    しめじ菌を接種した培地を培養ルームに移し、温度・湿度・風に注意しながら培養します。

  • ⑥菌掻き

    29_ext_01_0.jpg

    菌が繁殖したら表面を掻き、金属ラックに移します。

  • ⑦発生

    30_ext_01_0.jpg

    温度・湿度を細かく調整した発生ルームでぶなしめじを大きく成長させます。

  • ⑧計量・包装

    31_ext_01_0.jpg

    厳格な社内基準に適合したものだけを収穫し、包装します。

  • ⑨出荷

    32_ext_01_0.jpg

    包装されたものを出荷し、店頭に並びます。

循環型農業(リサイクル活動)

廃オガを堆肥として使用する農業も行っています。

  • ①廃オガ集め

    34_ext_01_0.jpg

    ブナシメジを収穫した後の廃オガを集めます。

  • ②畑に散布

    34_ext_02_0.jpg

    廃オガを肥料として畑にまきます。

  • ③収穫

    34_ext_03_0.jpg

    銀杏の収穫です。その他、水菜、トマト、メロンなどの栽培にも使用しています。

Copyright(c) ONIZAWA SHOKUKIN CENTER All Rights Reserved. managed by RCMS